チーク コーヒーテーブル

カリッジマーケット/コーヒーテーブル

アジアン家具素材の代名詞とも言えるのが「チーク」です。
チークは堅くて家具に向く木材ですが、伐採されてから年月を経たものの方が、より狂いが無く上質と言われていますので、古民家や船の建材として使用されていたものを再利用してます。


アジアン家具.雑貨 CORIGGE MARKETではインドネシアから直輸入した”ドンズバ”チークの家具を多く取り扱っています。 実際に私の家でも”カリマジ”の家具を沢山使っていますが、どれもその質感、重量感は他を圧倒する、すごさです。


無垢の家具ですから、当然ながらお手入れしながら使い込んでいく・・というスタイルの方に向いています。長く使っているうちに、汚れたり色褪せたり・・反ったり、ヒビ割れてしまったり・・そういう事もあるかも知れません。
しかし!それが無垢のチーク家具の良さなのです。
お手入れと言っても、手間がかかるわけではありません。濡れたらサーっと拭き取る、1年に1度程度はオイルを塗る・・ちょっと傷がついたら・・私ならそのままにしておきます。

家族のように可愛がってあげて下さい。

チークコーヒーテーブル この重厚感のある無垢材を見て下さい。チークの塗装自体はオイルフィニッシュでマットな仕上りですが、チークは油分を多く含む木で、その内から滲み出る光沢から、自然素材の力強さを感じます。使い込むほどに、味わい深い家具に育っていきます。
チークコーヒーテーブル アジアン家具のコーヒーテーブルは大型のものが多く、お困りではありませんか?このチークコーヒーテーブルはW105と、非常にコンパクト。それでありながらコーヒーテーブルとしての存在感は立派なものです。広いスペースの無いお部屋にどうぞ。
チークコーヒーテーブル デザインは大変シンプルなので、飽きもきませんし、お部屋に馴染みやすいです。脚にちょっとだけアジアンぽいデザインが入っているのが、可愛らしいです。このテーブルの素晴らしさはカリッジマーケットのサイトで直接ご確認下さい。


カリッジマーケットのトップページに飛びます
組み合わせのよい家具


その他のコーヒーテーブル







  • ブログパーツ