アジアン家具は手入れをするほど深い味わいに・・



 チーク材を使ったアジアン家具のお手入れ方法


アジアン家具が使用する無垢材についてでもお話した通り、チークに限らずアジアン家具は無垢材を使っているものが多いため、強い乾燥に弱い面があります。これは木材の原産国が熱帯地方だという事を考えて頂ければ、想像できると思います。全ては天然素材の宿命と考えましょう。こうした変化が無垢であるという証であり、贅沢品でもあるのです。
ウレタン塗装されたものや、プラスチック、スチール製の家具は、量産効果で販売価格もリーズナブルで、ちょっとやそっと乱暴に扱っても、すぐに壊れるようなものではありません。水濡れや乾燥も気にする必要もありませんので、「使い勝手」という面だけを考えれば、重宝するものだとは思います。

私はチークをオススメしていますが......



つづきを読む >>


 ウォーターヒヤシンスやラタンのお手入れ方法


ウォーターヒヤシンスは川や湖などの水面に浮かんで生育する水草です。
葉は水面から立ち上がり、は丸っぽく艶があります。
家具として使用する場合などは職人の手作業になるので、時間と労力がとてもかかります。 つまり高級品という位置づけになります。 ウォーターヒヤシンスはとても丈夫でササクレなども出来にくく、衣類などが引っ掛かる恐れは殆どありません。
見た目に独特の温かみと重厚感があり、ラタンなどよりもしとりとした風合いが特徴です。

ウォーターヒヤシンスは吸湿性が高いため、劣化を防ぐためには適度な温度・湿度・換気を心がけるのが良いでしょう。 通気が悪いと....



つづきを読む >>


 その他のお手入れ


[引き出しがスムースに動かなくなった]

家具が無垢材だと家具自体が、周囲の湿気を吸い込んだり、吐き出したりしながら、微妙に伸縮します。季節が変わるとそういう事が起きやすいというのもアジアン家具ならではです。
特に重たいものを入れてある引き出しは、その重みで余計にそういう現象が起きやすくなるものですが、通常は簡単なメンテナンスで解消できるものです。
まず用意するのは......



つづきを読む >>











チークTVボード





  • ブログパーツ