ウォーターヒヤシンスやラタンのお手入れ方法


 ウォーターヒヤシンスやラタンのお手入れ方法


ウォーターヒヤシンスは川や湖などの水面に浮かんで生育する水草です。
葉は水面から立ち上がり、葉は丸っぽく艶があります。
家具として使用する場合などは職人の手作業になるので、時間と労力がとてもかかります。 つまり高級品という位置づけになります。 ウォーターヒヤシンスはとても丈夫でササクレなども出来にくく、衣類などが引っ掛かる恐れは殆どありません。
見た目に独特の温かみと重厚感があり、ラタンなどよりもしとりとした風合いが特徴です。

ウォーターヒヤシンスは吸湿性が高いため、劣化を防ぐためには適度な温度・湿度・換気を心がけるのが良いでしょう。 通気が悪いとカビの原因となります。


日常のお手入れは、乾いた布で汚れを拭き取るか、掃除機で細かい網目の間のホコリを吸い出してあげます。万が一カビを発見した時は、消毒用のアルコールが便利です。布に付けて、カビを擦り取るように処置します。処置のあとはよく乾燥させましょう。

ラタンの場合は、水に強い性質がありますので、固く絞った濡布で汚れを拭き取れます。
中性洗剤を200倍に薄めて使ってもかまいません。その後はよく乾かしましょう。


ウォーターヒヤシンスもラタンも、手編み仕上げがほとんどですが、強い衝撃や何度も擦れるようなことがあると、表面にササクレができてしまいます。
そういう場合は、文房具屋さんで売っている木工用ボンドが便利です。
ササクレ部分に木工用ボンドを付けて、指で押さえるなど形を整えます。
木工用ボンドは乾くと無色透明になりますから、パッと見ただけでは、ほとんど補修したのかどうか分からないほどに仕上がります。
また一度乾燥すると、水に濡れても問題ありませんので、ラタンなど脱衣所で使うようなシチュエーションでも大丈夫です。


もし色落ちが気になるようでしたら、フローリング用のペンタイプの補修材が便利です。
クレヨンで色を塗るように、色落ちした部分を着色しましょう。




つぎのページへ >> その他のお手入れ方法









<<  はじめのページに戻る














ウォーターヒヤシンスベッド