アジアン家具の特徴



東南アジアのタイやインドネシアから直輸入しているアジアン家具は、日本人が一般的に使用している大量生産の家具とは、使い勝手やその性質の面で、異なる部分が多くあります。
その点をよく理解しておきましょう。


 手作り


アジアン家具は家具作りの専門職人が丹精込めて一つ一つを手作りしています。
一般に大量生産するものは、生産効率を最大化するために徹底的にライン化(機械化)します。パーツごとに専用の機械でどんどん作っていきます。作られたパーツは、その場で組み立てられたり、バラバラのパーツのままネジや組み立て説明書などと一緒に梱包されていきます。
それぞれのパーツは、当たり前ですがキッチリと寸法が合っていて、寸分の狂いもなく誰でも
簡単に組み立てられるようになっています。
しかし・・
タイやインドネシアから直輸入するアジアン家具たちは、まったく異なる行程を経て家具に仕立てられます。つまり手作りであるが故に、一つのパーツは、その固体専用のパーツであって、他の固体にはピッタリと合いません。
この引き出しは、この固体の右から2番目にピッタリと収まるように調整して作られたりしています。ですから一番右側に入れると、なんかしっくりこなかったりします。
我が家のチークキャビネットは小さな引き出しが6つありますが、全部引き出してから、また
入れ直すと、ちゃんと元の場所を覚えておかないと、キッチリ収まりません(笑)
最後まで入っても、「面」がピッタリしないのです。

こういう手作りならではの「不都合」と上手く付き合っていかなくてはならないのです。
恐らく日本人の職人なら、全てのパーツを完璧なサイズで作るところまで突き詰めていくと思いますが、東南アジアの人たちは、そんな事には興味がありません。とってもおおらかな性格なのです。


 丸見え?


アジアン家具は家具として、その風合いや存在感は圧倒的なものがあります。はじめて部屋に
置いた時は、ずっと眺めていたいくらい癒されたりします。
しかし・・・
見えない部分・・例えば引き出しを抜いて、中を覗いた時・・・
チェストやテレビボードの裏側などは、とってもシンプルな行程しか施されていません。「シンプルな行程」と言えば聞こえがいいかもしれませんが、見えないところまで綺麗に仕上げるという発想が、彼らにはありません。鉛筆で採寸した跡や印、何かを計算した筆算数字がそのまま消されずに、残っていたりします。はじめてそういうところを見る日本人は、ちょっとガッカリする方もいらっしゃるかもしれませんが、タイやインドネシア人にとっては「なんで?」というところでしょうか・・。
もちろん目につくところは、最高の仕上げになっているので全く問題はありません。オイルステイン、チークオイルで仕上げられたものは、まるで年代物のバイオリンのような仕上がりです。



 補修跡


そんな東南アジアの人たちと日本人の感性が違う部分は、まだまだあります。
例えば、高価なチークの家具でも、平気で補修した跡がある板を使ったりします。虫が喰ったような穴を埋めたもの、傷を補修したものなどいくらでもあります。
もちろん、とても滑らかに治してあり、補修跡とは思えない仕上がりなので何ら問題はありませんが、日本では考えられない事なので、知らない人は戸惑うかも知れません。
ほとんどのチーク材は、家屋の建材だったものや船を解体した古材だったりします。それだから補修をして家具用に仕上げて使っているのです。それがアジアン家具の味わいであると考えて下さい。



 天然素材だから固体ごとに違う性質を持つ


革を使ったチェアーなどは、固体ごとに革の様子が異なる場合があります。
ダイニングセットで購入したチェアーのうち、1つはなんか革が固い・・なんてことも珍しくありません。ほとんどの場合「革そのもの」を使っているので、そういう事が起こり得るのです。
4脚のチェアー全てを、同じ一頭の牛から採れた革を使用するとは限りませんし、その場その場で一番状態が良いものを選んで使っているのです。「チェアーまるごと天然素材の固まり」ですから仕方ありませんね。ほとんどの場合、鉄の釘なども使っていません。



 デカいです!


アジアン家具は大型です。
ダイニングテーブルの天板も高さがあるし、それに合わせてあるチェアーの座面も高いです。
ソファも大きい、チェストもテレビボードもかなりのサイズと重量があります。
ほとんどが「組立済み」で配達されるので、必ず事前に部屋に運び込むことができるかどうかを確認して下さい。部屋のスペースだけを気にして、運び込む事を計算に入れずに「入らない」というトラブルが多くあります。特に3人掛けのソファなどは、とても大きいです。玄関から入れて、リビングの入り口のドアのところで90度右に曲がらなければならない・・なんてところは要注意です。
ソファなどは重量がそれほどないので、男性であればソファを立てれば回転させながらカーブ
を曲がる事はできますが、テレビボードなど長さと重量があるものは気をつけて下さい。




















マホガニーマルチシェルフ...

マホガニーマルチシェルフ
価格:15,800円(税込)

マホガニーマルチシェルフ ...

マホガニーマルチシェルフ.
価格:24,800円(税込)






ASIAN SHOP MOJA
携帯で見る



  • ブログパーツ